カテゴリー別アーカイブ: バイク売る

バイクを売る方法

バイク売却で方法としてはバイクショップや買取り専門業者や個人売買の3つが考えられますが、個人売買で売るときの特徴ですが、最大の特徴で、闇に業者がかまないことによって、中間マージンが発生しないと言ったことで、友人間の直接取引となりますから、経済的に双方ともに大きいメリットを享受できるような取引です。ですが、名義変更など煩雑な手続きを個人でしていく必要性があり、トラブルが多いといったことも事実でしょう。そしてメリットは、店舗や業者への売却のときは、人件費や催促費など、経費がかかってき、その分売却価格は抑えられます。そして双方で買う方としてもそうした経費を負担するよな必要がなく、店舗で購入するより安く購入するといったことが可能ですそして双方ともに大きい利益を上げられる取引になります。そして、個人売買で得バイク売却することですが、中間マージンの排除で得られるような経済的メリットは大きいですが、その分トラブルも大きいです。そして私の考えて友人との関係を考えれば、個人売買はやめておいたほうがいいでしょう。そしてバイクの受け渡しはあげてもいいぐらいのバイクに限定しておくことが大事です、お金に換算できないような価値が友人にありますし、人間関係でのトラブルは面倒となります。そしてよほど信頼できるような相手で問題あっても腹を割って話せるような相手以外とは金銭的メリットをほかのデメリットがうわまわってきます。

バイクを売る前に

バイクを売る前に最低限やっておきたい整備などがあり、もちろんしたことがないことを無理にすべきではないですが、経験した範囲でなるべく聞できる事だけをしてみたほうがいいでしょう。そして、整備とっても難しいことをするわけではなく、バイクの基本といえる部分を再確認するだけです。そしてエンジンはこれに尽きるのですがアイドリングは安定しているかということで、安定していると、吹け上りが極端に悪いといったこともないです。そして、両方悪いなら、キャブレターを疑うしかなく少し難易度が高いです。そして、エアクリーナーは軟式のときは、エアーで複のが普通で、パソコン用のエアーダスターで拭いてみてもいいでしょう。そして温式のときは洗い油で清掃します。そしてエアクリーナーの交換は費用がかかりますから、勧められません。そして、当たり前といえますが、タイヤの空気圧確認があり、長くもってないようなときなど、確実に空気圧は下がり、そのまま査定を受けていると、放置していたと見抜かれるでしょう。そして一定の空気圧でなければ走行不安定になり、空気圧の調整はガソリンスタンドなどで無料でできるようなメンテナンスです。そして、バルブが切れているときは値段と相談しましょう。ですが、ヘッドランプが切れていれば、整備不良で道路交通法違反となります。そのままの状態で乗り続けていたと思われにくいでしょうから、注意したほうがいいでしょう。バイクは金属の塊で、摩擦があれば異音が出てきたりします。