WordPressの一般的なSSLの問題を修正する方法(初心者向けガイド)

WordPressサイトをSSLに移動すると、予期しない問題が発生する場合があります。既存のWordPressサイトにSSLを追加しているときにエラーが発生した場合は、運が良かったです。このガイドでは、WordPressでのSSL / HTTPに関する最も一般的な問題を修正する方法について説明します.


WordPressでの一般的なHTTPS / SSLの問題の修正

SSL / HTTPSとは何か、なぜすぐに使用を開始する必要があるのか?

SSL / HTTPSは、ユーザーのブラウザとWordPressホスティングサーバー間の接続を保護する暗号化方式です。これにより、ハッカーが接続を盗聴することが難しくなります.

SSL / HTTPS対応の各サイトには、識別のために一意のSSL証明書が発行されます。サーバーがHTTPS上にあるふりをしていて、その証明書が一致しない場合、ほとんどの最新のブラウザーはユーザーにWebサイトへの接続を警告します.

安全でない接続の警告

Googleは昨年、ウェブサイトの所有者にSSL / HTTPSの使用を開始するように勧めることにより、ウェブセキュリティ全体を改善する計画を発表しました.

この計画の一環として、GoogleのChromeウェブブラウザは、SSL証明書のないすべてのウェブサイトを「安全でない」としてマークするようになりました.

安全でないChrome HTTP

ブラウザのアドレスバーにある「安全ではない」ラベルは、あなたのビジネスについて顧客に悪い印象を与えます.

それとは別に、オンラインストアを作成する場合、またはPayPal、Stripe、Authorize.netなどの支払いサービスを使用する場合は、SSL / HTTPSを有効にする必要もあります。.

長所と短所を考慮して、すべてのWebサイトはSSL / HTTPSに切り替える必要があります.

まだ行っていない場合は、WordPressをHTTPからHTTPに適切に移動する方法についてのガイドに進んで、手順を追って説明します。.

推奨:無料のSSL証明書を取得する方法、またはDomain.comから割引価格でSSL証明書を購入する方法に関するガイドを参照してください.

そうは言っても、WordPressのSSL / HTTPSに関する一般的な問題のいくつかと、それらを修正する方法を見てみましょう.

1. NET :: ERR_CERT_INVALIDエラーを修正する

このエラーメッセージはGoogle Chromeに表示されます。他のブラウザは少し異なるメッセージでこのエラーを表示しますが、それは基本的にユーザーにあなたのウェブサイトへの接続が安全でないことを警告します.

認証局無効エラー

このエラーメッセージは、ユーザーのブラウザがWebサイトから提示された証明書を受け入れなかったことを示しています。これは、いくつかの理由で発生する可能性があります。

  • SSL証明書が別のドメイン名またはサブドメインに対して発行されている.
  • 証明書の有効期限が切れています.
  • ブラウザが証明書発行機関を認識していません.

SSL証明書を購入し、WordPressホスティングプロバイダーにインストールを依頼した場合は、SSL証明書に連絡して修正することができます。.

SSL証明書を手動でインストールした場合は、再インストールするか、SSL証明書プロバイダーにサポートを依頼してください.

2. WordPressをSSL / HTTPSに移動した後の混合コンテンツエラーの修正

混合コンテンツのエラーは、URLで安全でないHTTPプロトコルを使用してまだロードされているソース(画像、スクリプト、またはスタイルシート)が原因で発生します.

その場合、Webサイトのアドレスバーに安全な南京錠のアイコンが表示されません。.

安全ではない

WordPressでSSL / HTTPS混合コンテンツエラーを修正するには、2つの方法があります。両方をお見せしますので、あなたに最適なものを選んでください.

1.プラグインを使用したWordPressの混合コンテンツエラーを修正

この方法はより簡単で、初心者にお勧めです.

Really Simple SSLプラグインをインストールしてアクティブ化するだけです。詳細については、WordPressプラグインのインストール方法に関するステップバイステップガイドをご覧ください。.

アクティベーション時に、あなたは訪問する必要があります 設定»SSL プラグイン設定を確認するページ。 Really Simple SSLはそのまま使用でき、SSL / HTTPS設定を自動的に処理し、混合コンテンツのエラーを修正します.

本当にシンプルなSSL設定

注意: プラグインは、出力バッファリング技術を使用して混合コンテンツエラーを修正しようとします。これは、サイトのパフォーマンスに悪影響を及ぼす可能性があります。ただし、キャッシュプラグインを使用している場合は、最初のページの読み込みにのみ影響します.

2. WordPressの混合コンテンツエラーを手動で修正

この方法は手動によるトラブルシューティングが必要ですが、パフォーマンスにとってはより効果的で優れています。.

まず、WordPress設定でHTTPSを使用していることを確認する必要があります。に行く 設定»一般 ページを開き、WordPressアドレスとサイトアドレスのオプションにHTTPS URLがあることを確認します.

WordPressのURL設定

HTTPで始まるURLが表示された場合は、先に進んでそれらをHTTPSに変更する必要があります。変更を保存するボタンをクリックして設定を保存することを忘れないでください.

次に、WordPressデータベースで古いHTTP URLを見つけて、新しいHTTPS URLに置き換える必要があります.

これは、Better Search Replaceプラグインをインストールしてアクティブにすることで簡単に実行できます。詳細については、WordPressプラグインのインストール方法に関するステップバイステップガイドをご覧ください。.

アクティベーション時に、あなたは訪問する必要があります ツール»検索置換の改善 ページ。 [検索]フィールドに、HTTPを含むウェブサイトのURLを追加する必要があります。その後、「置換」フィールドにhttpsを含むWebサイトURLを追加します。.

データベース内のURLを検索して置換する

プラグインはWordPressデータベースのURLを更新します.

それでも混合コンテンツのエラーが表示される場合は、次のステップは、WordPressテーマとプラグインのURLをトラブルシューティングすることです.

ブラウザの検査ツールを使用して、エラーの原因となるリソースと、リソースの読み込み元を特定する必要があります.

検査ツールを使用して混合コンテンツのエラーを見つける

テーマリソースについては、WordPressテーマで見つけて、HTTPをHTTPSに置き換える必要があります。.

すべてのテーマファイルでURLを探す必要があるため、この部分は初心者には少し難しい場合があります.

自分で見つけられない場合は、テーマ開発者に連絡して、テーマの更新を依頼することもできます。 WordPressのベストプラクティスを使用してファイルを読み込む必要があります。これにより、HTTP / HTTPSの問題が修正されます.

WordPressプラグインによって読み込まれた混合コンテンツについても同様です。プラグインファイルを自分で編集してURLを変更することはお勧めしません。プラグイン開発者に通知し、更新を要求する必要があります。その間、あなたはあなたのサイトでプラグインを無効にするか、別のプラグインを見つけることができます.

3. SSL / HTTPSに移行した後のリダイレクトエラーが多すぎるのを修正する

WordPressでは、wp-config.phpファイルに次の行を入力して、管理エリアにSSL / HTTPSを適用できます.

define( ‘FORCE_SSL_ADMIN’、true);

ただし、一部のシナリオでは、この設定だけでは「Too many redirects」エラーが発生します。これを修正するには、次のコードをwp-config.phpファイルの「それですべてです。編集を停止する」という行の直前に追加する必要があります。幸せなブログ。」.

define( ‘FORCE_SSL_ADMIN’、true);
//一部の設定では、HTTP_X_FORWARDED_PROTOに
//カンマ区切りのリスト。 http、https
// httpsの存在を確認します
if(strpos($ _ SERVER [‘HTTP_X_FORWARDED_PROTO’]、 ‘https’)!== false)
$ _SERVER [‘HTTPS’] = ‘on’;

4. WordPress HTTPからHTTPSへのリダイレクトを修正する

WordPressは、指示がない限り、HTTPリクエストをHTTPSに自動的にリダイレクトしません。 Really Simple SSLなどのプラグインを使用している場合は、リダイレクトが処理されます。それ以外の場合は、リダイレクトを手動で設定する必要があります.

HTTPからHTTPSへのリダイレクトを設定するには、次のコードを.htaccessファイルに追加する必要があります.

RewriteEngine On
RewriteCond%{HTTPS}オフ
RewriteRule ^(。*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [L、R = 301]

この記事が、WordPressのSSL / HTTPSに関するいくつかの一般的な問題の解決に役立つことを願っています。この記事に記載されていない問題が発生した場合は、コメントを残してお知らせください。記事をソリューションで更新します。また、初心者がWordPressのWebサイトを保護するための手順を追った究極のWordPressセキュリティガイドもご覧ください。.

Jeffrey Wilson Administrator
Sorry! The Author has not filled his profile.
follow me
    Like this post? Please share to your friends:
    Adblock
    detector
    map